上手にセルフケアメディケーション

カテゴリー

知って得する「食と薬の話」
ケンコージョイ情報管理室からお届けする連載エッセイです
セルフメディケーションとOTC薬
役立つOTC薬の情報をドラッグストア現場からお届けします
cate_btn03.gif
良さそうな情報に惑わされず、自分自身の健康に必要なものかどうかを適切に判断するための情報をお届けします

15.上手にセルフメディケーション「賢い健康食品の利用のために」 

2017年03月05日

「上手にセルフメディケーション」は今回が最後となります。
健康な生活を維持するためのセルフメディケーション(自分の健康に責任を持ち、
食事をしっかり摂り、軽度な身体の不調はまず市販薬などを使用して手当てする)を
進める上で大きな関わりを持つ「OTC薬(市販薬)」や「健康食品」について、
2005年4月から143回にわたり書いてきました。終盤の2016年1月からは、大きく変わった
日本の食品制度について現状と問題点をとりあげ、健康食品はセルフメディケーションに
どのように役立てられるのか、また上手に取り入れるための情報は適切かなどを考えて
きました。
このシリーズのまとめとして、あらためて健康食品の賢い利用(健康を害さないための)に
ついて書いてみます。

ヒトの身体に何らかの保健的効果があると表示できる食品として国は保健機能食品という
カテゴリーを設け一般食品と区別しています。保健機能食品(特定保健用食品、栄養機能食品、
機能性表示商品)はあくまで食品ですから医薬品のような効果はなく、表示できる文言にも
制約があります。しかしこれまで何度も書いたように、医薬品並みの効果を連想させるような
商品のパッケージや宣伝によって間違った認識や利用法が広まり、時に思わぬ健康障害が
生じる可能性があります。
一般社団法人 くすりの適正使用協議会が実施した「健康食品・医薬品の知識と意識に
関する調査」の結果に表れた次の点は問題です。

*健康食品に「副作用がある」ことを理解していない人が半数以上であった 
 これは困ったことですが無理のないこととも言えます。なぜなら、食品には薬のように
副作用の情報は表示されていないからです。副作用と言ってもいろいろあります。
含まれる素材そのものの毒性もあれば、飲み合わせや食べ合わせの結果害になるもの、
あるいはアレルギー反応を起こすものなどもあります。

*健康食品と医薬品の併用を医療関係者に伝えたことがない人が半数であった。
健康食品に含まれる成分が病気そのものを悪化させたり、治療薬の副作用を強めたり、
効果を弱めたりする場合があります。医師や薬剤師に併用を伝えないと、間違った治療に
つながることもあります。

*同じ効能や機能がうたわれていても、健康食品と医薬品では「効き目が違う」ことを
理解していない人が約4割であった。
 本来健康食品に薬と同じ効能や機能が謳われることはあり得ないのです。ですから
 約4割の人は巧みな誘導や誇大な表示によって騙されているということになります。
 結果として薬との区別がつかなくなり、必要な治療が遅れることもあり得ます。

以下のような光景は日常的に医療の現場で起きており、薬剤師を悩ませています。
薬剤師が入院患者に「持参薬を確認させて下さい」というと、テーブルの上に沢山の
健康食品が並ぶそうです。成分の作用や含有量が不明な健康食品は治療の妨げに
なり得ることから使用の中止が原則ですが、自分が飲んでいるのは薬だと思い込んで
いる患者さんに対してどのように説明するかに悩むそうです。
 
不要な健康被害などを起こさないよう賢く健康食品を摂るために、健康食品に対する
正しい知識と理解を持ちましょう。健康に不安を感じたり、病気を早く治したいと思ったとき、
健康食品が自分に本当に必要なのかを考えてみましょう。そして健康食品は宣伝されて
いるほどに効果は無く、不都合なことは表示されていないということを思いだしてください。

安全性や有効性が不明確なものが多い健康食品の中から「良さそうなもの」を選ぶ
ポイントを挙げるとすれば、難消化性デキストリン(食物繊維)、大豆イソフラボン、
EPA・DHA、ビフィズス菌など通常の食事の材料等に由来するものなどでしょうか。
食事の範疇を超える不自然な成分は避け、自然な量を摂ることを目指してはいかがでしょうか。

14.上手にセルフメディケーション「健康食品とのつき合い」 

2017年02月05日

食品は嗜好的に摂られることもありますが、多くは健康を維持するために必要なもの
として摂られます。健康の維持には身体を作る「栄養成分」と身体の状態をより良く
維持していくための「機能性成分」が必要で、それらを食物として外部から取り入れ
なければなりません。
さて健康食品ですが、食品とはいっても健康を維持する食べ物(食材)でもなく、
病気を治す医薬品でもないので、「体の機能性を高めるかもしれない」として期待
されるものということでしょうか。国では現在このような食品を「保健機能食品」と
その他の「いわゆる健康食品」とに分けています。
では「保健機能食品」とはどのようなものでしょうか?
生体の生理機能を調整する働きをもつ、つまり健康を維持するために器官や臓器、
神経、ホルモン分泌、免疫力などの働きに影響を与える食品ということになります。

健康食品は加工品です。健康食品の出現以前には必要な機能性成分はすべて
食事として摂られていた筈です。現代では、食事だけでは足りないのでしょうか?
この視点から考えれば健康食品は健康維持に必要なモノか否か、どのように
摂ったら良いのかという原点に戻ることができるのではないかと思います。

1990年頃から食品の機能性が注目され、2016年には健康食品の市場規模は
7,500億円をも越えると予想され、高齢者の半数以上が何らかの健康食品を摂って
いるという調査結果もあります。この様な健康食品摂取が国民の健康度アップに
役立っているというデータはまだないようですが、市場経済には大きく貢献している
ことは間違いありません。奇しくも巷では次のような会話がささやかれています。
患者「先生、この健康食品は効きますか?」医師「ええ、懐によく効きますよ」

 これまで、さまざまな食品について、さまざまな角度からみてきました。
取り上げた食品は「いわゆる健康食品」、特定保健用食品、機能性表示食品などですが、
内容的にはその商品の「売り」となっている素材の成分についての効果の信憑性や
表示方法の違法性などの情報でした。食品の選択をするときの判断材料になればという
思いで書いてきましたが、商品の実態と情報として表示される宣伝文句がかけ離れている
モノが多く選択がしにくくなってきたように思えます。
素材(原材料)に関する信頼性の高い科学論文情報(国立健康栄養研究所「素材情報データ
ベース」など)ではまだ認められていないような機能性を謳う商品が圧倒的に多いのです。

たとえば、「肌の水分保持に役立ち、潤いを保つ」と謳うヒアルロン酸商品。
「膝関節の柔軟性、可動性をサポート」と謳うコラーゲン商品。
「骨の健康に役立つ」と謳うβ−クリプトキサンチン商品(みかん商品)。
「目の疲労感、目の乾き、ピント調節機能の低下を緩和する」と謳う
ビルベリー由来アントシアニン商品。
「お腹の脂肪(内臓脂肪)・体脂肪を減らす」と謳う「グラブリジン含有甘草抽出物」を
関与成分とする商品などなど多数。

なぜこのようなことが起きているかと言えば、科学的信頼性の低い報告などを根拠と
するものも機能性表示食品として受け付けられているからです。
このような商品でも広告では決して「確かではないが効果があるかもしれない・・」など
とは表示せず「○○を下げる、減らす、高める」などと強調しています。
さてどのように選択しましょうか。

13.上手にセルフメディケーション「もし、健康食品が本当に効いたなら」

2017年01月05日

 2015年4月1日から施行となった「機能性表示食品制度」により、機能性表示食品の
市場見込みは膨らむ一方で、2016年は700億円にもなるとの予測もありました。
なぜこの種の食品がこうも売れるのか。健康維持にいいのか。薬のように効くのか。
市場・業者の戦略にのせられているのか。業者の意向を受けた国の経済戦略である
ことは間違いないのですが、いまや国民のセルフメディケーションの中に深く入り込んで
いる健康食品の「効果」については注意が必要です。

◎「健康食品」は食品か薬か
「食品には医薬品的な表示・表現が認められない」とする薬機法(医薬品医療機器等法)の
規制の中で唯一身体に対する効果を謳うことができた「トクホ」が一世を風靡しましたが、
最近では実際に売られている商品が3分の1にまで減っていて、より規制の緩い
「機能性表示食品」にお召し替えをして再登場しているそうです(12月27日朝日新聞)。
なぜかと言えば、効果の検証がトクホより不確かであっても「機能性効果の表示」が
トクホより自由にできて、なおかつ費用も時間もかからないからです。今やテレビや
インターネット上では「効果」について医薬品と区別ができないような宣伝がされて
いますが、もし本当に効くならおそろしいことも起こり得ます。

◎健康食品が本当に効くならば

^緻品と同様に、体質や病気や飲んでいる薬に対する注意がしっかりと
表示されていなければなリません。たとえば、

 *ナットウキナーゼ((No.9 2016/09/05)
  もし業者の言うように「ドロドロ血の解消と血栓症予防に対する効果」が
  大であれば、抗血液凝固薬を飲んでいる人の出血リスクが高まります
 *内臓脂肪を低減させる成分:β-アドレナリン受容体を刺激する(エノキダケ抽出物など)
  もしβ-アドレナリン受容体(β1,β2,β3の3種類がある)を刺激する作用により
 ダイエットに効果があるのであれば、心血管系、泌尿器系、呼吸器系、生殖器系など、
 多岐にわたる臓器にも影響を及ぼすことになり危険です

安全性に対する表示もきちんとされていなければなりません
 効果を大いに謳っていながら安全性を問われると、業者は「サプリに含まれる成分
の量は医薬品に比べてはるかに少なく、生の食品に換算して○gにすぎない」と言う。
医薬品と同様、一定の効果(作用)があると言うことはそれに応じたリスクもあることです

サプリメントには許可されていない医薬品成分等が含まれていることがあります。
医薬品としての厳重な管理がなければ危険な成分です

 *グリベンクラミドを含むダイエットサプリメント
  糖尿病治療薬で、副作用として低血糖、無顆粒球症、溶血性貧血、肝炎、
  肝機能障害、黄疸、過敏症、吐き気、胃腸障害などを起こします

 *デキサメタゾンを含む疼痛緩和サプリメント
  抗炎症作用が強い副腎皮質ホルモン薬。抗炎症や免疫抑制に使用されますが、
  糖尿病やムーンフェースなどの副作用が起こる可能性があり、連用後の服用中止時
  には、徐々に減量するなどコントロールの難しい薬です

機能性(効果)と安全性(危険性)は表と裏の関係にあります。また、薬や食品の効果や
害は含まれる成分の量に関係します。「ヒトが食べて、全く害がなくてよく効く食品」など
あるわけがないことは冷静に考えればわかることですが、巧みな宣伝にだまされます。

「健康食品」の実態は、一定の効果が認められている成分を害がでない(効果も出ない)
程度に含むものということになります。少しは効くかもしれないと思うのは自由ですが、
害のみが残れば最悪です。

12上手にセルフメディケーション「話題の食品を追ってΦい砲覆訃霾5 

2016年12月05日

新聞やテレビなどの「公告の落とし穴」にはまらないためのポイントシリーズの最後に、
「体への作用や効果」を謳ったテレビや新聞広告の「確からしさ」を見抜く要点を纏めておきます。

◆情報に惑わされないために      
 食品としての安全性や有効性が明らかでない多種多様な「健康に良さそうな食品」が氾濫し、
売らんかなの情報も飛び交っています。また、情報の確かさについては、科学的な検証の有無が
問われますが、最近は「ニセ科学」も横行しているようです。科学的に立証できない効果や効能を
うたった商品についての法的な措置もしばしば見られます。よりよい選択をするためのポイントを、
もう一度ふり返ってみましょう。
1.有効情報は正しいか:効果について確かな科学的証拠があるか
2.商品の安全性は確かか:責任ある商品管理がされているか
3.その商品を取り入れる価値があるか:必要性が認められるか

 健康食品情報は科学的な信頼性が低い場合が多いと書いてきましたが、ある程度根拠はあります。
しかしヒトが食べて効くと標榜するには科学的検証が足りません。このことを伏せて意図的に効果を
謳えば法に触れるばかりでなく、ニセやサギになってしまうこともあり得ます。

◆ニセ科学を見抜く目を持ちましょう
 いわゆる健康食品の宣伝物の中には、ヒトの健康上の不安を煽ってさまざまな商品を売りつける
ものも沢山あり、ニセ科学も横行しています。このたぐいの表現の中で、「血液ドロドロ、サラサラ」
は典型的で、中年以降の人を惑わせます。この表現は分かりやすいですが、科学的には非常に
不正確で、時に人を混乱させたり悪徳商法に巻き込んだりします。
血液がサラサラになるとしてさまざまな高額商品を買わされている実態が、国民生活センターに
よって発表されています。手口は、指先などから採血し使用前使用後の顕微鏡像をモニター画像で
見せ、「血液はドロドロ」だというもの。
 かつて、「血液サラサラ」の火付け役となったNHKためしてガッテンチームは、実験を重ねて
「用いる血液の量によって、ドロドロにもサラサラにも見える」ということを突き止めて再放送で
釈明しました。ここには一見科学的に見える「実験」などで信じこませるという「しくみ」があります。
 
 ここで大事なことが2つあります。ひとつは、これらの検査が血液を体の外に採りだして
(試験管実験)行われること。血液は空気に触れると固まります。固まらないように薬剤を
加えますので、各血球成分に変化が起こります。つまり本来の生体中の血液の状態とは
違っているということです。
もう一つは、サラサラやドロドロの程度と病気の関係が不明なので、医学的には「血液
サラサラ」だから良いとか、悪いとかの認識は確立されていないことです。これは一例ですが、
正確さに欠ける検査や学説にビクビクすることは得策ではないということが分かるでしょう。

健康食品・サプリメント・ハーブ類による健康被害は、国や自治体から発表されるのは
ごく一部であり、水面下に隠れた被害が相当数あるだろうと感じている医師や薬剤師は
少なくありません。
原因不明の皮膚トラブル、血圧や血糖値のコントロール不良、抗血液凝固作用、
肝機能の低下などが懸念されています。「効く、効いた!」などの情報にのみ目を
奪われることなく、よく情報を見分けて、かしこい選択をしていただきたいと思います。

11.上手にセルフメディケーション「話題の食品を追ってサい砲覆訃霾鵤

2016年11月05日

新聞やテレビなどの「公告の落とし穴」にはまらないためのポイントについてのシリーズ
4です。今月は「豊かな想像力が利用される」という話しで、グルコサミンを取り上げます。

<グルコサミンの基本の確認>
*グルコサミンはキチン質(エビ、カニの殻など)やムコ多糖類(オクラ、山芋、納豆など
のネバネバ)の構成成分として自然界に存在し、食物として摂取される
*摂取されたグルコサミンは、ヒトの消化管から速やかに吸収され、N−アセチルグルコサミン
となって ヒアルロン酸やコンドロイチンに取り込まれる
*ヒアルロン酸やコンドロイチンはコラーゲンとともに関節軟骨を作っている
*ヒトの体内ではグルコースからも合成されているが、加齢に伴い減少し、関節の動きや
皮膚の構造に変化をもたらす原因の一つとされている
*現在までの検証では、骨関節炎には経口摂取で効果が認められているが、ヒトでの
経口摂取による「変形性膝関節症」への効果はない

<グルコサミンの宣伝>
商品のパッケージにはどこを見ても、膝痛に効くとか治るとかの文言は書かれていない。
一方では、有名人による効果を強調したキャッチコピーがテレビで流され、「効いた、治った」の
お客様の声が並ぶ。
「グルグルグルグルグルコサミン〜♪」「スムーズで軽快な毎日を!」「歩くをトータルでサポート」
「走ることもできる!」などなど、グルコサミン商品の写真と共に発信される。
広告の文言や有名人の言動から、豊かな想像力を働かせて表現されていない効能効果を
感じてしまう。ここに落とし穴があります。

女優さんがにこやかに「階段の上がり下がりがスムーズ」と言えば、「グルコサミンは膝の痛みに効く」
→「グルコサミンは変形性膝関節症に効く」という情報が広まる。
このように直接効くといっていなくても、効果を連想させることも違反なのです。

<グルコサミンを食べるということ>
加齢による膝の痛みや関節痛に悩んでいる多くの人にとっては大いに関心があるところでしょう。
膝関節を正常に保つしくみはとても複雑で精巧です。単に軟骨がすり減って骨がぶつかって痛む
から足りない軟骨成分を食べれば良いなどという単純な話しではないようです。グルコサミンが
関節の機能に欠かせないことは事実ですが、それを食べることで解消しようと考えるのはどう
でしょうか。人の身体では食べた物質がそのまま望むところに行き渡るようなしくみにはなって
いません。グルコサミンを体内に取り入れたからといって、すぐにグルコサミンのままで身体の
各部位に配分されるわけではないのです。また、関節軟骨が年齢とともに減って来るということは
グルコサミンという材料が足りないからではなく、作る能力が落ちてくるからともいえます。
人間は一日に300〜400gのブドウ糖(グルコサミンはグルコース(ブドウ糖)からつくられる)を
摂取しています。必要ならグルコサミンは体内で作られるでしょう。サプリメントのグルコサミン
含有量は1〜2g程度に過ぎません。グルコサミンサプリメントでこの程度の量を摂取しても、
それが広く体内に輸送されたのち、膝まで十分な量のグルコサミンが届くとは考えにくいのです。

<N−アセチルグルコサミン> 
ヒトの体内で役立つのはN−アセチルグルコサミンです。 経口摂取されたグルコサミンは体内で
N−アセチルグルコサミンに変化した後ヒアルロン酸などの構成成分となりますが、経口摂取した
場合のヒトにおける有効性については、十分な科学的検証はありません。